Hug

連休真っ只中の第三京浜。快調に進むNoahと反対に、上りは渋滞し始めてるようだった。梅雨が明けたかと思わせるような一日だったから、行楽の帰りなのだろう。
ほど良い疲れと、姪が後部座席ではしゃいでいるなか、ふと思い出した。
・・・そういえば、忘れものがあったな。

思えば、その日一日は慌しかった。半年以上前から大事な日だって判っていたのに、自分の段取りの悪さに悪態をつきながら東海道線ホームに駆け込んだ。ちょうど快速のドアが閉まったところで、今度は自分の不運さも呪った。
頭の中で横浜周辺の路線図を描く。やっぱり市営地下鉄に乗り換えた方が早そうだが、この大荷物を持って連休中の横浜駅構内を横切る自信は無かった。当初の予定通り、横浜線で行くことにしよう。
電車内で一息つきながら、15年前を思い出していた。

生徒会の事務局に所属していたOちゃんは、なんとなく文化祭実行委員になっていた私の目には「硬そうな女」というイメージだった。直接の接点はなく、その頃よく遊んでいたYの友達という認識しかなかったかもしれない。そんな彼女の印象が一変する事態が起きた。
その夏、私は一年付き合っていた同級生と別れた。世に失恋の歌は多くあれど、何で皆乗り越えられるのか不思議でしょうがなかった。体重は1ヶ月しないで7kg減ったし、下手したら死んだ方が楽だとも思えた。自分を支えていたのはプライドだけだったと思う。あんなろくでもない人間達の為に、何で私が死ななくちゃならないのかって。私が死んだら、あのバカ達はどっぷり悲劇に浸ることだろう。そんな餌を与えないために、それだけに私は生きていたともいえる。
そんな私に気がついたのか、Oちゃんは心配そうに私に話しかけてきた。私はあまり突っ込んだ話をするのもなんだな、と思い、別れた事実だけ話した。
いきなり彼女が抱きついてきた。今まで人に抱きつかれるという事があまり無かったし、そんなに話もしたことか無かった人にそんなことされるなんて。
驚きと戸惑いが落ち着いてくると、自分の心も沈静化してくるのを感じた。そこでやっと気がついた。私の一言だけでどれだけのダメージを負っているかを察して彼女は癒そうとしてくれていたのだ。人の体温、背中に回された腕か軽く締め付けてくる、その感覚がこんなにも心地良いとは知らなかった。
それからはYを通じての友達ではなくなり、高校卒業後は在学中以上に良く遊ぶ仲にまでなった。彼女は私の大体の悩みを知っているだろうし、私も彼女からの相談を受けることもあった。

Oちゃんは高校生の時にお父さんを亡くしていた。
私はずっと思っていたことがあったけど、彼女には聞けないでいた。それは彼女のお父さんの死を思い出させることだったから。
ある時、共通の友達の家でご馳走になり、Oちゃんはサワーを結構飲んでいたようだった。電車も無くなっていたしかなり酔ってるようだったから、私達の車に乗せて家まで送ることになった。
・・・たぶん、この調子だと明日は記憶が飛んでるかもしれないな。そう思った私は長年の疑問をぶつけてみた。それは彼女のお父さんが亡くなった時期。
やはり私の記憶に間違いが無く、あの夏にお父さんは逝ってしまっていた。彼女が私を抱きしめた夏に。
あの当時はOちゃんのお父さんが亡くなった事は知っていたが、お通夜に行くまでの仲ではなかったので、いつ亡くなったかが曖昧だったのだ。
Oちゃんはお父さんを亡くして私以上に悲しみの中にいたのに、一番に慰められるべきは彼女なのに、私を慰めていたのだ。そんな状況にあっても彼女は誰かを癒す力を持っていた。もしかしたら私の不運と自分の不幸を重ねていたのかもしれない。それは今では誰にも判らない事かもしれないし、そうでもかまわない。
前から彼女には何かしてあげたいと思っていたけど、その時からより強く感じるようになった。

式が始まった。
お世辞抜きで本当に綺麗だった。めったにしないマスカラが落ちるのが嫌だったから、泣くつもりは無かったけど、どうにも溢れて止まらず自分の式以上に泣いてしまった。外人の神父様の言葉の持つ、不思議に心地よいイントネーションのせいもあるが、ここまでの彼女を知ってるからなおさらだった。
幸せは私は資格試験みたいなものだと思っている。等価交換とは言わないが、ある程度努力や苦労をした人間だけが得られる権利じゃないだろうか。
その法則でいけば、彼女は間違いなく1級の資格を得られるはず。
この先の道が暖かい日差しに恵まれますよう、今日以上に明日は明るくあるようにと、人の式では気恥ずかしくて言ったことの無い言葉、アーメンとつぶやいた。
d0068959_19254799.jpg

[PR]
by yui-sac | 2005-07-20 19:03 | I think so


時にアグレッシブ、基本的にネガティブ。オヤジっぽい内面とは裏腹に優雅に生きたいと願う、私の私的見解ブログです


by yui-sac

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
I think so
Animal
Food
Shonan gourmet
Sky
NO LIFE,NO MISIC
Net surfing!
DIET!
Favorite thing
市民記者の横顔
未分類

以前の記事

2009年 07月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ブックマーク

フォロー中のブログ

できればHappyに!

最新のトラックバック

つわりとは
from 妊娠チェックサイト 妊娠の兆..
まだまだ食べたいマンゴー..
from ぼのぼの
私の好きなパン屋さん@P..
from できればHappyに!
明日から福岡旅行♪&禁断..
from レッツビギン!とにかくブログ..
ジンジャーミルクティー
from Lunch Box
習いごと
from できればHappyに!
個人情報保護法
from 日本の法律について
ブログ更新ジェネレーター
from 寝ても覚めても
柚子こしょう
from Lunch Box ~幼稚園..

ライフログ


アンジュール―ある犬の物語


まだ見ぬホテルへ


Typhoon No.15 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure


ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き


B'z LIVE-GYM 2006“MONSTER'S GARAGE”

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧